« 勉強会(H22.6) | トップページ | サッカー W杯 »

2010年6月29日 (火)

唾液でがん検出

慶応大先端生命科学研究所は、唾液検査で口腔がんや乳がん、膵臓がんを
高精度で発見する技術を開発したと発表した。

米カリフォルニア大ロサンゼルス校との共同研究。
     
口腔がんは80%、乳がんは95%、膵臓がんは99%の高精度で
患者を見分けられたという。
                       
膵臓がん、口腔がんは進行してから見つかることが多く、生存率が低い。
マーカーと呼ばれる生体内の物質でがんを診断する方法があるが、
口腔がんに有効なマーカーはまだなく、膵臓がんはあるものの、
他の病気でも異常値を示すため識別が難しいという。

がん細胞が正常な細胞に比べて速く増殖する影響で、唾液中の物質が
変化することに注目。
比較的早期のがんと診断された患者と健常者ら計215人の唾液を採取し、
唾液中の約500種類の物質から、患者と健常者で濃度に大きな違いが
出る物質としてアミノ酸など54種類を特定した。

唾液は血液などと違い、体に負担をかけずに採取できるのが利点で、
今後は実用化に向けて、より安価で簡便に検査できる機器の開発に
取り組むとしている。

http://www.keio.ac.jp/ja/press_release/2010/kr7a4300000335kj.html
              

    
このようなニュースが新聞などで紹介されていました。
唾液でがん検出が出来れば、早期発見につながる気がしますよね。
実用化がいつになるかは分かりませんが、早く実現するといいなと思います。
それまでは、お口も体も定期的な健診で病気を予防しましょう!

 

« 勉強会(H22.6) | トップページ | サッカー W杯 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。