« 応援遠征 | トップページ | Dr・Dh勉強会(H21.9) »

2009年9月 7日 (月)

口腔機能向上講演会

9月3日(木)に、
「かむ力、飲み込む力は生きる力
 ~おいしく、楽しく、食べ健康寿命を伸ばしましょう~」
というテーマで口腔機能向上講演会が行われ、講師としてお話をしてきました。

Dscf0004_2     

     

    
      

「誤嚥性(ごえんせい)肺炎」という病気をご存知ですか?

普段意識せずにおこなっている「かむ、飲み込む」という動作も
年々衰えてくるものなのです。(ホントは他にも色々原因はありますが)

衰えてくると、「食べにくい」だけでなく、大きく体調をくずす
「誤嚥性肺炎」になってしまうのです。

この病気は簡単に言いますと、
「食道に行くはずの食べ物が、間違って肺に入って肺炎をおこしてしまう」
というもので、寝たきりの原因になったりするのであなどれません。

     
健康寿命を伸ばすためには、
誤嚥性肺炎の予防が必要で、そのためには、
「かむ、飲み込む機能(口腔機能)の向上と口腔清掃」
が重要であることをお話しました。

講演開始時に参加者の約半数は「誤嚥性肺炎」
という言葉を知りませんでしたが、
8月に亡くなられた俳優の山城新伍さんの死因を
「誤嚥性肺炎」であると書いていた新聞記事を引用し、
決して珍しい病気では無いということも説明しました。

    
講演後は、歯科衛生士さんによる首や肩のストレッチや
パタカラ発音等「健口体操」の実技が行われ、
参加者にとって充実した講演会になったと思います。

Dscf0023_2Dscf0024_4

« 応援遠征 | トップページ | Dr・Dh勉強会(H21.9) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。