« 学会 | トップページ | 歯磨き指導 »

2009年1月25日 (日)

学会 2日目

インプラント学会2日目は、
午前中、衛生士セッションを竹山さんと聞きました。

「デンタルインプラント治療における歯科衛生士の役割」
という話でした。
その中でも、準備段階の器具の滅菌などを詳しく教えていただきました。
滅菌はインプラント治療だけでなく、普段の診療でも役立ちます。
すぐにでも実践できそうなことはやってみよう!と、竹山さんとも話しました。

午後からは
「ビスフォスフォネートと顎骨壊死」
という、話を聞きました。
ビスフォスフォネートは骨粗しょう症の患者さんの治療に使われるお薬です。
このお薬を飲んでいる患者さんへの歯科治療法や注意点などなど、
詳しく教えていただきました。

午後はもうひとつ
「歯周組織の再生:インプラント治療の前に」
歯周病で減ってしまった骨が再生できるようなお薬も開発されているようで、
今後、そんなすばらしい薬が実用できるようになるのでしょうか?
まずは、歯周病にならないようにする事が大事ですけど!

Dscf43132   

インプラント学会の様子

 

 

その後、吉宏先生の大学時代の同級生とお食事に行きました。
毎年、何度か集まっているのですが、とても楽しいかったです。

学んで遊んでいい日でした

« 学会 | トップページ | 歯磨き指導 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。